ATP TENNIS 楽天ジャパンオープンテニス




10月8日に楽天ジャパンオープンの決勝戦が行われました。

日本の企業である楽天が主催の日本で行われる。9月30日、10月1日と予選が行われ2日より本選となった。

参加者は以下の通り。

2017年大会シングルス出場予定選手リスト(10月1日現在)

No. 名前 国籍/所属 ランキング
1 マリン・チリッチ クロアチア 5
2 ドミニク・ティエム オーストリア 7
3 ダビド・ゴフィン ベルギー 11
4 ミロシュ・ラオニッチ カナダ 12
5 サム・クエリー 米国 15
6 ケビン・アンダーソン 南アフリカ 16
7 アルベルト・ラモス スペイン 25
8 ディエゴ・シュウォーツマン アルゼンチン 29
9 リシャール・ガスケ フランス 30
10 アドリアン・マナリノ フランス 31
11 フェリシアノ・ロペス スペイン 34
12 ブノワ・ペア フランス 37
13 杉田 祐一 日本/三菱電機 40
14 [SE] アレクサンドル・ドルゴポロフ ウクライナ 44
15 ジル・シモン フランス 45
16 スティーブ・ジョンソン 米国 46
17 イボ・カロビッチ クロアチア 49
18 ライアン・ハリソン 米国 52
19 ビクトル・トロイツキ セルビア 55
20 ジョアン・ソウザ ポルトガル 58
21 ドナルド・ヤング 米国 59
22 イジ・ベセリー チェコ 62
23 盧 彦勲 中華台北 63
24 ダニル・メドベージェフ ロシア 64
25 [Q] ステファノス・シチパス ギリシャ 115
26 [WC] ダニエル 太郎 日本/エイブル 116
27 [Q] マシュー・エブデン 豪州 139
28 [WC] 添田 豪 日本/GODAI 143
29 バーナード・トミック オーストラリア + 162
30 [WC] 内山 靖崇 日本/北日本物産 214
31 [Q] 高橋 悠介 日本/三菱電機 262
32 [Q] フランコ・スクゴル クロアチア 324

* スタン・バブリンカはひざのけがのため欠場となりました

* 錦織圭は右手首のけがのため欠場となりました

* ジレ・ミュラーは左ひじのけがのため欠場となりました

* ガエル・モンフィスは右ひざのけがのため欠場となりました

「エミレーツ航空ATPランキング」は2017年10月2日付

[WC] 主催者推薦
[Q] 予選勝者
[SE] スペシャルイグザンプト
[+] Top 30 Commitment Player (2016年の年末ランキングで30位以上だった選手)

引用元:楽天ジャパンオープン

 

楽天ジャパンオープンシングルス

推薦枠として日本人3名が選ばれました。錦織圭選手はケガのための欠場ですが、最近の日本人選手は調子も良く母国開催ということで時差もありませんし有利な状況かと思います。

しかし日本勢はシングルスでは良い結果を残せませんでした。

ブレイクするもののすぐに返されたりと粘りのテニスが見れませんでした。

 

そんな中ランキング上位陣は危なげなく勝ち進み準決勝、決勝となりました。

今大会ランキング5位で第一シードのマリン・チリッチ(Marin Cilic)選手が準決勝でランキング31位のアドリアン・マナリノ(Adrian Mannarino)選手に敗退してしまった。

マリン・チリッチ選手は絶好調に見えてたので決まったようなものだと思っていました。

 

しかし、決勝戦はアドリアン・マナリノ選手とランキング11位ダビド・ゴフィン(David Goffin)選手の勝負となりました。

ゴフィン選手は1セット目から危なげなく試合を運び、2セット目もタイブレークまで縺れることもなく5-7と勝利を得ました。

結果3-6、5-7で楽天ジャパンオープン2017はゴフィン選手が優勝となりました。

引用元:楽天ジャパンオープン

 

楽天ジャパンオープンダブルス

結論から述べます!今大会のダブルスは日本人選手の「内山靖崇」さんがやってくれました!

 

マクラクラン勉選手と内山靖崇選手はデビスカップでも顔を合わせていた選手です。

マクラクラン選手はシングルスよりもダブルスの方が向いているという事で、今大会もダブルスのみの出場です。

初出場で優勝だそうで、息がピッタリなのでしょう。

 

シングルスは残念な結果ですが、ダブルスで優勝とは日本人は錦織圭選手以降テニスで成績が残せていない中朗報とすね。

マクラクラン・勉/内山靖崇 6-4、7-6(1) ジェイミー・マリー/ブルノ・ソアレス

引用元:楽天ジャパンオープン

 

シングルス優勝で33万ドル(約3,500万円)

ダブルス優勝で10万ドル(約1,000万円)

テニスは1回でも勝つと賞金が出るのでいいですよね♪

 

まとめ

・シングルス優勝者ダビド・ゴフィン(David Goffin)選手

・ダブルス優勝者マクラクラン勉選手と内山靖崇選手

・優勝賞金、33万ドル・10万ドル