ブルーライトカットメガネを使ってみました!!




私はパソコンで仕事をすることが非常に多く、常にモニター画面とにらめっこをしています。

当然目の疲れが出てくるのですがそれと同時にそんなに気にならない程度の痛み?みたいな感覚も出てきます。

目の疲労を取るためにホットアイマスクをすることもありますがパソコンの作業中でも目をケアしたいと思い買って試してみました。

果たして効果はいかほどのものか。。。

 

ブルーライトとは?

【可視光の中で最も強いエネルギーを持つ光】

ブルーライトとは、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のことです。人間が目で見る事のできる光の中でも波長が短く強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。パソコンやスマートフォン、テレビやLED照明から出される光にはこのブルーライトが多く含まれます。

このブルーライトで、視力低下や安眠障害など人体へ悪影響を及ぼすとされています。

 

今回購入した商品はコチラ!

 

ブルーライトカット メガネ uv カット

価格:1,980円(税込)

価格:3,280円(税込)

 

amazonで販売されていたブルーライトカットメガネの中にはだいたい1800~5000円くらいのものが多くどれも手頃な値段で販売されており、そのなかでも『ベストセラー』の【otch】のブルーライトカットメガネを購入しました。

 

商品スペック

・ブルーライトカット率61%

・度無し

・レンズはスクエア型

・UVカット

・レンズを通して見る視界は少し赤みがかかってみえるがそれは眼に入る光を遮断しているため

 

 

届いたので開封してみた!

商品説明欄には記載していなかったメガネケースも付いてきました。

黒縁で非常に軽量で、伊達メガネ感覚でも使えそうです。

透明度の高いレンズで、商品説明欄に記載してあったとおり確かにレンズを通した視界は赤み(セピア色)がかってます。

(↑若干見える色合いが変わっています)

商品レビューではフレームの締め付けが気になるという書き込みもありましたが、

メガネをかけた感覚では特にフレームによる締め付けもなく私にはよくフィットしているように感じました。

 

メガネケースは別で買ったほうがいい

ただ、ひとつだけ気になる点としてはこのメガネケースは正直使えないです。

ケースは布製で、ケースにメガネを入れてボタンで閉めようとするとメガネ自体にかなり圧がかかってしまい壊れそうな気がします。いろんな入れ方で試してみましたがどれも圧を避けることはできそうになかったです。

 

実際に使ってみました!

約12時間くらい仕事でパソコンモニター画面を見続けました。

メガネをかけていないいつもなら仕事終わりには多少眼がシパシパしたりチカチカしたりなど疲れを感じていましたが、このメガネを使用したらそれらの症状は起きず眼球の疲れもそれほど感じませんでした。

また、メガネをかけ続けると鼻やかけている耳が痛くなるかもと想っていましたがメガネ自体が非常に軽量なので鼻や耳などの痛みも全くありません。

 

まとめ

今回はあくまでも私個人の感想なので人によってはメガネのかけ心地が悪かったりそれほど効果を感じなかったりする人もいると思いますが

長時間モニター画面を見る仕事をしている方やスマートフォンやテレビゲームをするお子さんがいるのであれば目の保護のために利用してみるのもありだと思います。

値段もお手頃ですし!

スポンサーリンク